« 肥満細胞腫 その② | トップページ | 今年もやってきました »

肥満細胞腫 その③

かりんは、どうしても足が気になるようで、せっかく巻いてもらった包帯も

次の日にはこのありさまです。

P1000820

ん??

これなんだ??

ぬけがらのようです。

P1000828

ちょっとリアルすぎますが、こちら患部です。

まだ抜糸をしていないので、痛そうweep

でも、すっかりいつものおてんばかりんに戻ってました。

目もしっかりキラキラshine

消毒と傷口チェックをするために病院にいき、1週間後ぐらいに抜糸予定となりました。

P1000832

お散歩はもうちょっとお預けで、ご不満なかりんちゃんです~

|

« 肥満細胞腫 その② | トップページ | 今年もやってきました »

ペット」カテゴリの記事

コメント

時々、拝見させていただいています。
最近お見かけしないので、お元気かしら?と思っていたら。さぞ、ご心配のことと思います。

パスの通っているプールには、事故や病気で手術したあとのリハビリで通ってくる大小様々な犬がいらして、(パスも 股関節形成不全 で水泳で筋肉をつけ、筋肉を維持する目的でもう三年半通っています。)がここでお会いしたゴールデンの飼い主の方がおっしゃってたお話ですが、犬は自然治癒力があるから 「 毎日 治るんだよ 治るんだよ と犬に言い聞かせ 信じていたら 癌が小さくなった。(サプリも飲ませていらした)嘘のような話で信じてもらえないけれど」と。

もちろん、医学の力が大半を占めますが、飼い主の治れ 治れコールと治って欲しいという飼い主の気持ちもあるかしら?と思います。

私も パスに公園で散歩のたびにマッサージをするのですが、その時に『長生きするんだよ、長生きするんだよ。」と言い聞かせています。

カリンちゃん、早くよくなって、エリちゃんとの元気なお散歩のツーショット 見せてくださいね。

それから、パスを怖がらなくて 大丈夫。
パスは、この辺では弱虫のビビリだから。
おしっこをかけられ歴2回 動じません。
小型に 吼えられ歴 毎日。動じません。

 お大事に


投稿: パスママ | 2008年10月 6日 (月) 16時32分

カリンちゃん心配ですね。手術痕が痛々しいですが、元気そうでよかったです。
チロも7歳の時にお腹にできた「しこり」をとりました。注射針で細胞診をした結果「あまり良くなさそう」ということで手術しましたが、細胞検査の結果は良性のものでした。カリンちゃんも悪いものではないといいですね。
また、いつもの公園で会えるのを楽しみに待ってます。


投稿: チロ | 2008年10月 6日 (月) 17時44分

ゴンナナママさん、パスママさん、チロさん、
ご心配おかけしました。(^-^;
カリンはすっかりいつものカリンに戻った?
そろそろお散歩も解禁かな。
肥満細胞腫は老犬に多い病気だそうで、カリンのように若いワンにでることはあまりないと、お医者さんもいってました。
実はカリンっておばぁちゃん??E:coldsweats01]
そして、手術をするために毛を刈ったのですが、
地肌もトラ模様dog
なんだかちょっとした発見をした気分でした。

投稿: まゆりん | 2008年10月 6日 (月) 18時50分

かりんちゃん

手術、よく頑張りました
舐めたりしないでガマンできるなんておりこうですね。よく動くところだから、傷口がしっかり治るまでおてんばも控えめにしてね・・・。

また、元気な姿でお会いできる日を楽しみにしています。

投稿: こたろう | 2008年10月 6日 (月) 22時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 肥満細胞腫 その② | トップページ | 今年もやってきました »