« 那須旅行 その3 | トップページ | 肥満細胞腫 その② »

かりんちゃん

那須旅行にいく前からちょっと気がかりなことがありました。

かりんの左後ろ足にぽっこりできたおでき?みたいなもの。

触るとこりこりして、人間でいえば脂肪の固まりか??

P1000805

かりんも全く痛がる様子もなかったので様子をみていたのですが、小さくな気配はなく

先日かかりつけの病院につれていきました。

ちくっと注射して細胞診したところ、ちょっと白血球のかたちがきになるものの、

まずは抗生剤の内服で様子をみましょうということに。

1週間後の再診で、またちくっと細胞診したら、『あまりいい感じではないんです。

肥満細胞腫と思われます』という診断が下されました。coldsweats02

ひまんさいぼうしゅ??

ニンゲンでいったら悪さをしない肥満細胞ですが、犬にとっては悪性腫瘍になるもの。

センセイいわく、『基本的には、手術で取り除くのがベストです。』

たしかに、悪性腫瘍なら取り除くことが必要です。

手術に同意をして、自宅に帰りました。

なんでかりんに??

なにが原因??

???が多くて、インターネットで色々調べましたが、やはり手術が第一選択であることが

かいてありました。

手術・・・

かりんちゃん、ダイジョウブかしら?

またぴょんぴょん走り回ることができるかしら??

手術をしても再発とか転移とかどうなのかしら??

なんだかせつなくて、かりんをぎゅっと抱きしめてしまいました。

|

« 那須旅行 その3 | トップページ | 肥満細胞腫 その② »

ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 那須旅行 その3 | トップページ | 肥満細胞腫 その② »