« 手術 | トップページ | ありがとうございます »

ご報告

突然のことで、まだ心の整理がついていないのですが、

応援してくださった方々にご報告させていただきます。

ちょうど1週間前の今日、我が家に預かりっ子として迎え入れた

小春ですが、きのう不妊手術をしたあと、血圧が下がり麻酔からも

目覚めず、先生方の手当てのかいなく、心臓が止まってしまい

ました。私は夜勤だったのですが、手術の結果が気になり

仕事中でしたが携帯をチェックしたら、病院からの不在着信が

2件、留守電も入っていて、何かあったに違いないとすぐ折り返し

たところ、『ついさっき心臓が止まってしまいました』といわれました。

原因は不明、こんなことはこれまでなかったと。

おそらく心臓など循環系に問題があったのかもしれないと。

フィラリアが陽性だったから?

なんで?なんで?なんで???

しかも、驚いたことに、小春は妊娠してました。

1ヶ月ぐらいだったそうです。

赤ちゃんまで死んでしまったのです。

ずっと涙が止まりません。

たった1週間だけど、名前の通り”春”を連れてきてくれた小春

これから巡り合う犬親さんとステキな春を満喫していただろうに。

冷たくなった小春を目の前にしても信じられません。

小春、ごめんね。申し訳ない気持ちでいっぱいです。

もっと私が小春の体を注意してあげていたらよかったのに。

ちゃんと術前検査を受けて、手術に耐えうる体なのか

確認すべきだったのではないか。

ベテランの預かりさんだったら、何か気付いてあげれたんじゃ

ないか。

たった1週間で、こんなことになるなんて。

突然すぎです。きのうは元気いっぱいに病院に行ったのに。

喜んで診察室に入っていったのに。

最後の笑顔が目に焼きついてます。

こんなことになるなら、もっとたくさん遊んであげればよかった。

たくさんおもちゃもあげればよかった。

食べ物もたくさんあげればよかった。

お腹に赤ちゃんがいたから食欲旺盛だったのかな。

みんなに可愛い顔してる。って可愛がってもらったのに。

すぐ里親さんみつかるよ。っていってもらえたのに。

1週間だけど、しっかり私たちの心に存在は刻まれていて、

一緒にいる時間の長さなんて関係ないんだって思うけど

ほんとうに辛いです。

後悔することや、もっとしてあげたかったことがたくさん。

ねぇ、小春、こはちゃん、こは、あなたは幸せだったのかな。

少なくとも、私もとーちゃんも、小春と会えて幸せだったよ。

わたしたちのところに来てくれてありがとう。

|

« 手術 | トップページ | ありがとうございます »

ペット」カテゴリの記事

コメント

「預かりさんをやりたい」と思っているだけで行動に移せない私。
それに比べて、実際に預かりさんを始めた心優しいエリカリ
かーさんとーさん。
どうして神様は、このような素敵なご家族にこんなに辛い試練を
与えるのでしょうか。
短い時間だったかもしれないけれど、小春ちゃんは愛情いっぱいの温かいエリカリ家で過ごせて幸せだったと思います。
自分を責めないでくださいね。


投稿: チロ母 | 2010年2月 3日 (水) 15時24分

言葉が見つかりません。
小春ちゃん。
すっごく月並みだけど、まゆりんさん、自分を責めたら駄目ですよ。
それは、一番小春ちゃんが望んで無い事だと思います。小春ちゃんは、まゆりんさんご家族に「ありがとう」っていう気持ちしか無い筈です。一緒に過ごせた時間を大切に思っているはずです。

私も心が痛いです。会ったっことは無かったけど。今日は小春ちゃんの事を思ってすごします。

投稿: paddy | 2010年2月 3日 (水) 18時29分

すみません・・・言葉が見つかりません。
残念で悲しいですね。でもまゆりんさんのせいじゃありません。
ララと同じ1週間ですね。ララは多くの方に幸せだったと言っていただきました。小春ちゃんもきっと同じだと思います。
小春ちゃんのことをみんなに知ってほしいので私のブログで紹介させてくださいね。

投稿: ロンママ | 2010年2月 4日 (木) 18時53分

ロンママさんの所からやってきました。
ちばわんのセンターレポの画像でかわいい小春ちゃんを見ていて、「出られてよかったね」とおもっていました。
やっとこれからのはずだったのに本当に辛いですね。
小春ちゃんは仮パパとママに「ありがとう!」って言っているとおもいます。

投稿: Saori | 2010年2月 4日 (木) 21時11分

ロンママさんのブログで拝見しました。
どうぞご自分を責めないでください。
たとえ短い間だったとしても、愛されて小春ちゃんは幸せだったと思います。
赤ちゃんと一緒に虹の橋のたもとにいる小春ちゃんを
その日がきたらみつけてあげて下さいね。
小春ちゃんと赤ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: 黒ラブラン | 2010年2月 4日 (木) 21時21分

ロンママさんのブログから、飛んできました。
胸が詰まる思いで、言葉が見つかりません。
ブログを、読ませていただきました。↓のブログの小春ちゃんの笑顔が、素晴らしい日々の1週間だったと、物語っていると思いました。
小春ちゃん・赤ちゃんのご冥福をお祈りいたします。
ご自分を、どうか責めないでくださいね。

投稿: きこ | 2010年2月 5日 (金) 07時20分

動物とは、かくもデリケートなものなのかと、あらためて生きる力について考えさせられました。

小春ちゃんとのお別れを、私たちも真摯な気持ちでしっかり受け止めて、今ある命を大切にしていきましょう。

まゆりんさん。悲しみを少しずつ乗り越えて、春を迎える準備をしましょ・・・。ありがとう、おつかれさま。

投稿: aloha | 2010年2月 5日 (金) 15時31分

動物の命はこんなにもはかないのか・・・と、言葉を失います。

この報告を読んだ直後は、何もコメントができず、ただただ「こたろうのリード」をいつもよりもしっかり握って歩きました。

今ある命を大切にしようと、あらためて感じています。

「まゆりんさん、ありがとう。」小春ちゃんそう思っていると思います。


投稿: aloha | 2010年2月 5日 (金) 18時46分

ロンママさんのところから来ました。
我が家の卒業っ子の天乃助によく似ていたので、センターレポートの時から気になっていました。
せっかくセンターを出られたのに・・・と思う気持ちもありますが、まゆりんさんの暖かさを感じ、きっと幸せな時間を少しでも過ごすことができたのではないかと思います。
小春ちゃんと赤ちゃんのご冥福をお祈りいたします。

投稿: ろく母 | 2010年2月 5日 (金) 23時12分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 手術 | トップページ | ありがとうございます »